2016年12月08日

『虹への架け橋の家』

『虹への架け橋の家』

家相・風水に拘りぬいた、
海の見える場所に建つ家です。
大きな吹き抜けに貼ったひのきの壁が上品で
そこから心地よい光が差し込みます。
実は外壁の1部分に、
ミッキー&ミニーが秘密に貼られています。
そんな事が出来るのも、本当の注文住宅だからこそ。

家族が願う虹へ向かう家『虹への架け橋の家』
“ナチュラルスタイル”
に仕上がりました。(32.81坪)
(画像をタップすると…。)


 



『多幸の棲家』

『多幸の棲家』

「リビングから海が見たい…。」
全てはそこから始まりました。
2階に生活空間を配置し
春は桜を見ながらお風呂に入り
夏は海を見ながらコーヒーを飲む
秋は虫の声を聞きながら夕日を見送り
冬は凜とした澄んだ空気を感じる。
四季を肌で感じる家が仕上がりました。

家族の幸せを願う家『多幸の棲家』
“スキップスタイル”に仕上がりました。(39.12坪)
(画像をタップすると…。)



『ひとつの家』

『ひとつの家』

手狭になったマンションを売って新築を検討。
二階に子供部屋4つと寝室+WICを配置。
一階はアンティークウッドを天井と壁に貼り
梁はゴリゴリにエイジングしています。
床はひのきの床材に自然塗料を
ご夫婦で塗らました。
渋めの雑貨が似合うお家です。

家族が一つになれる場所、『ひとつの家』
“和カフェスタイル”に仕上がりました。(38.57坪)
(画像をタップすると…。)