樹創家

PLAN
良い家・良い土地とは?
ワンランク上の家を建てるコツ
ちょっと良い家を建てたい!
ワンランク上の家を建てるコツとはなんでしょう?
「家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。」
「ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。」
「大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。」
ちょっと待ってください!
多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、本当に全部必要なの?使わないといけないの?会社によって言うことが違う?など家づくりをする人にとって決して分かりやすいものではありません。
「〇〇工法採用!」「☆☆システム標準仕様!」「小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧ください。
私達は「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなる箇所は特に強いこだわりを持ち、常に現場をオープンにして家づくりの情報を提供しています。
なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?
家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。(豪華カラーのパンフレットや粗品、住宅展示場のキャラクターショーの経費まで)
樹創家はお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。
また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。全国の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。
一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、一般流通価格の約38%コストダウンした独自の仕入れ価格削減の方法は、広島県中小企業経営革新支援法第7号の認定をいただいております。また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、樹創家の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。(感謝)
2~3社、他の会社の家を見てから決めてください
あなたの建てたい家はどんな家ですか?
家づくりを考え始めた頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。家づくりは家さえ建てばよいということではありません。
ワンランク上の家を建てるだけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わるすべてのことを、私たちは総合的にご提案しています。他のハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。そして、私達の見学会に参加して比較していただければ、
1. 何が良くて、何が悪いのか?
2. 何が高くて、何が安いのか?
3 .何が必要で、何が要らないのか?
などが分かるようになります。
樹創家は、安全な家に住んで欲しいとの想いから、机上の計算のみで歴史的実績の全くない工法やシステムを、あなたの大切な家づくりに使用することはできません。唯一1500年以上の歴史的実績を持つ日本の風土に合った材料「高級木材ひのき」を使って、安心して住める家を提供したいと考えています。
ワンランク上の家を建てるコツ
ちょっと良い家を建てたい!ワンランク上の家を建てるコツとはなんでしょう?
「家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。」 「ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。」 「大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。」
ちょっと待ってください!
多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、本当に全部必要なの?使わないといけないの?会社によって言うことが違う?など家づくりをする人にとって決して分かりやすいものではありません。
「〇〇工法採用!」「☆☆システム標準仕様!」「小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧ください。
私達は「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなる箇所は特に強いこだわりを持ち、常に現場をオープンにして家づくりの情報を提供しています。
なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?
家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。(豪華カラーのパンフレットや粗品、住宅展示場のキャラクターショーの経費まで)
樹創家はお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。
また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。全国の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。
一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、一般流通価格の約38%コストダウンした独自の仕入れ価格削減の方法は、広島県中小企業経営革新支援法第7号の認定をいただいております。また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、樹創家の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。(感謝)
2~3社、他の会社の家を見てから決めてください
あなたの建てたい家はどんな家ですか?
家づくりを考え始めた頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。家づくりは家さえ建てばよいということではありません。
ワンランク上の家を建てるだけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わるすべてのことを、私たちは総合的にご提案しています。他のハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。そして、私達の見学会に参加して比較していただければ、
1. 何が良くて、何が悪いのか?
2. 何が高くて、何が安いのか?
3 .何が必要で、何が要らないのか?
などが分かるようになります。
樹創家は、安全な家に住んで欲しいとの想いから、机上の計算のみで歴史的実績の全くない工法やシステムを、あなたの大切な家づくりに使用することはできません。唯一1500年以上の歴史的実績を持つ日本の風土に合った材料「高級木材ひのき」を使って、安心して住める家を提供したいと考えています。
ボーナス・頭金『0』で家を建てる!
ボーナス・頭金0で家が建つ!?
結論から言えばYESです。
頭金?使わないでください。ボーナス?もちろん返済に充てないでください。繰り上げ返済?止めましょう。
たぶん、どの雑誌にも、どの資金計画セミナーでも、もちろんハウスメーカーも銀行もきっと教えません。
もちろん、手持ちのお金が0だと、家づくりは流石に無理ですがここでは、旦那さんの小遣いを減らさず奥様はへそくりを貯めてたまには旅行に行っていただけるようなそんな夢のような話を、書ける範囲で書いていきます。他にも月々のアパート代で家が建つ、と言う大嘘や借りられる金額と返せる金額は違うことなども予定しています。
でも「待てない!」と少々焦り気味の方、大きな間違い(オーバーローン)をされる前に、樹創家では、上記のような内容をお話しする【家づくり塾】を開催しております。
所要時間は1時間半~2時間程度。費用は\0-。日程はあなたの都合の良い日時と樹創家の予定が合う時にしましょう。都合の良い日時を2~3ピックアップしてお問い合わせください。
ボーナス・頭金『0』で家を建てる!
ボーナス・頭金0で家が建つ!?
結論から言えばYESです。頭金?使わないでください。ボーナス?もちろん返済に充てないでください。繰り上げ返済?止めましょう。たぶん、どの雑誌にも、どの資金計画セミナーでも、もちろんハウスメーカーも銀行もきっと教えません。
もちろん、手持ちのお金が0だと、家づくりは流石に無理ですがここでは、旦那さんの小遣いを減らさず奥様はへそくりを貯めてたまには旅行に行っていただけるようなそんな夢のような話を、書ける範囲で書いていきます。他にも月々のアパート代で家が建つ、と言う大嘘や借りられる金額と返せる金額は違うことなども予定しています。
でも「待てない!」と少々焦り気味の方、大きな間違い(オーバーローン)をされる前に、樹創家では、上記のような内容をお話しする【家づくり塾】を開催しております。
所要時間は1時間半~2時間程度。費用は\0-。日程はあなたの都合の良い日時と樹創家の予定が合う時にしましょう。都合の良い日時を2~3ピックアップしてお問い合わせください。
良い土地ってどんな土地?
良い家を建てるために、必要な物。
それは?そう土地(地面)ですよね。
良い土地を見つけるというのは、良い家を建てるのと同じくらい難しい。
「方角が…。」「大きな道に面している」とか。
「この土地に◎◎万円を使って良いの?」「通勤距離が…。」「学区が…。」「スーパーが、病院が…。」など、
一生住む土地選びに失敗したくはないと慎重になればなるほど、
土地の決められない方が多いのも事実。でも答えは簡単だったんです。
それはズバリ“基準”そのものが分からないからなのです。
『目から鱗の土地探し術』
これを知れば、あなたにとって必要な土地の大きさ、使っても良い金額の目安が簡単に分かるようになります。今まで、誰も言わなかったキーワード。それは「あなたは土地に住むのですか?家に住むのですか?」です。
失敗は許されません!
家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!
不動産の営業マンが教えない秘密の話?!
良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。なぜでしょうか?実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。 
「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。
「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。
とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。ですから、売主さんから土地や住宅を「売ってください!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。
いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客様のために提案するということが難しいのです。 また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産業は、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 
そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客様」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。
もちろん、私どもは家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせていただくことも多くございます。何故ならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよく分かっているからですもし、土地選びでもお困りであれば、一度お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。
良い土地ってどんな土地?
良い家を建てるために、必要な物。それは?そう土地(地面)ですよね。
良い土地を見つけるというのは、良い家を建てるのと同じくらい難しい。 「方角が…。」「大きな道に面している」とか。 「この土地に◎◎万円を使って良いの?」「通勤距離が…。」「学区が…。」「スーパーが、病院が…。」など、 一生住む土地選びに失敗したくはないと慎重になればなるほど、 土地の決められない方が多いのも事実。でも答えは簡単だったんです。 それはズバリ“基準”そのものが分からないからなのです。
『目から鱗の土地探し術』
これを知れば、あなたにとって必要な土地の大きさ、使っても良い金額の目安が簡単に分かるようになります。今まで、誰も言わなかったキーワード。それは「あなたは土地に住むのですか?家に住むのですか?」です。
失敗は許されません!
家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!
不動産の営業マンが教えない秘密の話?!
良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。なぜでしょうか?実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。 
「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。
「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。
とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。ですから、売主さんから土地や住宅を「売ってください!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。
いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客様のために提案するということが難しいのです。 また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産業は、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 
そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客様」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。
もちろん、私どもは家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせていただくことも多くございます。何故ならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよく分かっているからですもし、土地選びでもお困りであれば、一度お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。
条件付きの土地を購入するリスク
ここまでは、たいていのホームページに書いてある内容だったと思います。本当に伝えたいのが、この項目になりますので、どうぞ心してお読みください。
建築条件付き
土地の情報を見ていると、こういう言葉がでていることに気づかれた方も多いと思います。俗に言う「紐付き」とも言い「この土地が欲しい人は、家を建てる会社は選べません。」と言う内容です。もっと下世話に表すと「この土地が欲しい人は、うちで建てるのが条件です。」と言うこと。よく、人質に取られているようなものだと表現する方もいらっしゃいます。百歩譲って、その土地に、そのエリアに住みたい!という家づくりの絶対に譲れないこだわりである方なら、仕方は無いとも思います。
しかし、そうでない方がほとんど。気になる会社や、気に入った営業さんや、知り合いの工務店などにお願いしたくても、その土地を購入したら、そこでは建てられない。一生住む家を建てる会社は選べない。明らかに売り手側に有利な条件なのです。
リスク
では、そのリスクをご紹介します。 基本的に条件付きの土地を造成する場合、人気のある土地であることが前提となります。営業しなくても売れる場所ということになります。売れるのが分かってる土地ですから、他の会社も狙っています。他よりも先に購入して造成したいと考えると、周りの相場よりも高く買います。しかし、高く買った土地でも、周りの相場に合わせます。しかも、その値段設定には秘密があり、例えば10区画売り出した場合、その2割(2区画)が売れ残ってもペイできるような値段設定になっています。
周りよりも高い相場で買い、売れ残り分もペイできるような値段設定になった金額をどこで帳尻を合わせるか?そう!あなたが一生、旦那様が命をかけて借りたお金で建てる家で合わせるのです。土地とセットで○○千万。見た目にはお買い得感のある数字にするために、あなたの家にしわ寄せがくるのです。そうなると、もうどんな家になるのか?結論は見えていますね。
まだあります。その土地が欲しい人は、問答無用でその指定された建築会社で建てます。放っておいても建ててくれる、上客になります。そこに、一生懸命魂を込めた提案があるでしょうか?
そもそも家を建てる会社は、それぞれのご家族に合わせた家を寝食を惜しんで考え、提案して、自社を選んで貰おうと全力で挑んでいきます。もの凄い時間とエネルギーが必要です。でも、放っておいても建てるのが分かってるご家族にそんなこと、しますか?せっかく家を建てるのであれば、全力で挑んでくる、魂を込めて提案してくる会社をじっくりと選ぶことも大切だと考えています。
最後に、条件付きの条件は外せないと思っていらっしゃる方が多いのですがそれは間違いです。もちろん、自社が造成して、自社の条件を付けてる土地は外せません。(例外もあります。)それ以外にの場合、外せること案外多いんですよ。詳しく書けませんが、どうしても知りたい!と言う方『家づくり塾』にご参加ください。もっと知りたい!とお書きください。
※ここに書いてる内容は、樹創家が全国を講演して回って知り合った工務店や不動産屋さんの社長さんから聞いた話ですので、ご了承ください。
条件付きの土地を購入するリスク
ここまでは、たいていのホームページに書いてある内容だったと思います。本当に伝えたいのが、この項目になりますので、どうぞ心してお読みください。
建築条件付き
土地の情報を見ていると、こういう言葉がでていることに気づかれた方も多いと思います。俗に言う「紐付き」とも言い「この土地が欲しい人は、家を建てる会社は選べません。」と言う内容です。もっと下世話に表すと「この土地が欲しい人は、うちで建てるのが条件です。」と言うこと。よく、人質に取られているようなものだと表現する方もいらっしゃいます。百歩譲って、その土地に、そのエリアに住みたい!という家づくりの絶対に譲れないこだわりである方なら、仕方は無いとも思います。
しかし、そうでない方がほとんど。気になる会社や、気に入った営業さんや、知り合いの工務店などにお願いしたくても、その土地を購入したら、そこでは建てられない。一生住む家を建てる会社は選べない。明らかに売り手側に有利な条件なのです。
リスク
では、そのリスクをご紹介します。 基本的に条件付きの土地を造成する場合、人気のある土地であることが前提となります。営業しなくても売れる場所ということになります。売れるのが分かってる土地ですから、他の会社も狙っています。他よりも先に購入して造成したいと考えると、周りの相場よりも高く買います。しかし、高く買った土地でも、周りの相場に合わせます。しかも、その値段設定には秘密があり、例えば10区画売り出した場合、その2割(2区画)が売れ残ってもペイできるような値段設定になっています。
周りよりも高い相場で買い、売れ残り分もペイできるような値段設定になった金額をどこで帳尻を合わせるか?そう!あなたが一生、旦那様が命をかけて借りたお金で建てる家で合わせるのです。土地とセットで○○千万。見た目にはお買い得感のある数字にするために、あなたの家にしわ寄せがくるのです。そうなると、もうどんな家になるのか?結論は見えていますね。
まだあります。その土地が欲しい人は、問答無用でその指定された建築会社で建てます。放っておいても建ててくれる、上客になります。そこに、一生懸命魂を込めた提案があるでしょうか?
そもそも家を建てる会社は、それぞれのご家族に合わせた家を寝食を惜しんで考え、提案して、自社を選んで貰おうと全力で挑んでいきます。もの凄い時間とエネルギーが必要です。でも、放っておいても建てるのが分かってるご家族にそんなこと、しますか?せっかく家を建てるのであれば、全力で挑んでくる、魂を込めて提案してくる会社をじっくりと選ぶことも大切だと考えています。
最後に、条件付きの条件は外せないと思っていらっしゃる方が多いのですがそれは間違いです。もちろん、自社が造成して、自社の条件を付けてる土地は外せません。(例外もあります。)それ以外にの場合、外せること案外多いんですよ。詳しく書けませんが、どうしても知りたい!と言う方『家づくり塾』にご参加ください。もっと知りたい!とお書きください。
※ここに書いてる内容は、樹創家が全国を講演して回って知り合った工務店や不動産屋さんの社長さんから聞いた話ですので、ご了承ください。
CONTENTS
当社に関することは、お電話もしくは下記のメールフォームよりお願いします。
資料の請求なども下記のメールフォームより承っております。
TEL 0120-939-303
当社に関することは、お電話もしくは下記のメールフォームよりお願いします。資料の請求なども下記のメールフォームより承っております。
TEL 0120-939-303
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

ページトップへ